ビジネスマナーの基本

ビジネスマナーはいくつになっても点検を

ビジネスマナーというと、新入社員が勉強するものとされがちですが、いくつになっても、ビジネスの基本中の基本ですから、一年に一度くらいは自分のビジネスマナーを点検するのがいいでしょう。
ビジネスを行っていく上で、ビジネスマナーの基本に悖っていれば、その行為とか言動だけで、ビジネス手腕に水を差すことになるばかりでなく、信用が低下し、ビジネス自体に支障をきたすからです。
お客様が訪問してくださったとき、自分のデスクで座ったままで迎える人がいますが、どんなに偉くなろうと、お客様には敬意を表して、立ち上がってご挨拶するのがマナーです。
取次電話を受け、相手の方と話し始めるときに、「お待たせしました」と申し上げるのも、常識と言えば常識ですし、マナーの基本です。
名刺は、名刺入れに入れておき、いただいた名刺はよく拝見し、会談終了後には名刺入れにしまいますが、その名刺入れは胸ポケットに入れるのがマナーであり、おしりのポケットに入れてはならないのです。
名刺は相手の方の分身であり、その方を尻に敷くということは許されないからです。
最近、若い人の中には、面倒なしきたりに従わなくても、気持ちが伝わればいいじゃないかという人がいますが、これらは、長い間ビジネスの中で育てられ守られてきた、いわばビジネス規範であるので、まずは守ることが大事なのです。
また、どうかすると、年とともに役職が高くなるとともに、粗末にしがちですが、いくつになっても点検が必要なのです。

どんな人にも必要なビジネスマナー

IT化がどんなに進んでも、主体は人です。
ビジネスマナーは、会社などで仕事をする際、相手の人を不快にさせないために必要なマナーです。
相手に対する思いやりを表すものでもあります。
貴方が人前で恥をかかないために必要なマナーでもあります。
また、色々な年代の人、様々な経験がある人で構成されている社会の中で、お互いに良いコミュニケーションを取るためのルールでもあります。
会社に勤めていないフリーの人や専業主婦など、どんな人でも何らかの形で社会に関わっています。
ですから、どんな人にもビジネスマナーは必要なものです。
ビジネスマナーは具体的にどんなものでしょう。
例えば挨拶やお辞儀の仕方です。
名刺の渡し方、連絡の仕方や相談の仕方もそうです。
身だしなみもそうです。
さらに出張の際のマナーもあります。
会社などで、公私混同しない、デスクの上を整理整頓するといったこともマナーでしょう。
社会に出たら、自分のことはちゃんと自分で責任をとらなければいけません。
会社員なら会社の一員としての自覚、フリーの人や専業主婦などでも社会の一員としての自覚を持って、ビジネスマナーを身に付けましょう。
身に付ければ多くの人から好かれるでしょう。

check

古い着物・茶道具・骨董品・掛軸の出張買取

出張買取 名古屋市

new soil biotechは、環境と社会への微生物の有効活用を目指し、善玉細菌である光合成細菌を主に研究・実験を重ねています。

光合成細菌

アイコンのポスティーナが大ブレイク!イタリアの鞄ブランド!【送料無料】 ZANELLATO (ザネラート)

ザネラートはこちら

究極のかかとケア靴下「米ぬかシリコン」の他、ハンドケア手袋など販売。

かかとケア

実印銀行印からおしゃれ印鑑・プレゼント印鑑まで作成・通販・販売をしています。

おしゃれ印鑑を作成

チケットショップk-netのクレジットカード現金化サービスのホームページ

カード現金化 横浜

地域一番の高額買取を目指しています。

不要品 買取 和歌山

トイプードルブリーダーのギラソルは犬質、品格の向上を目指して健全な仔犬の作出に日々努力をしています。

トイプードル ブリーダー

2016/2/5 更新

Copyright (C) business manner manual. All Rights Reserved.