マナー②~接客編~

接客業で必要なビジネスマナー

職業には様々な種類があり、接客業ではその職業独自のマナーがあります。
勿論、ビジネスマナーというものはどの職種であってもほとんど共通していますが、職種により注意すべき点が違います。
例えば、比較的にお客さんと接する機会が少ない事務関係等の職業の場合は、また違った面があります。
接客業では対人関係に対する面が重要になります。
まず、お客さんに対する挨拶等は当然の事ですが、お客さんからの問い合わせや要求に対してどれだけ迅速に対応できるかです。
また、そのためには自社のサービスや商品に対する完璧な知識が必要にもなってきます。
接客業で重要なビジネスマナーというものは、一般的な最低限のマナーは勿論のことですが、それに加え、どれだけ極力お客さんの立場に立って考えることができるかです。
お客さんがどれだけ気持ちよく商品の購入やサービスを受けてもらえることができるか、それこそが接客業においての最高のビジネスマナーです。

押さえておきたいビジネスマナー~接客について~

ショップ店員やレストラン、美容関係などエンドユーザーに直接接する場合はもちろん、企業対企業のおつきあいで接客が必要な場面もあります。
どちらの場合にも、先方に不快感を与えないことが大前提で、その上で気持ちよく取引できることができてこそ、ビジネスマナーがちゃんとしている、と評価されることになります。
接客する際に注意すべき点として、第一印象の身だしなみはとても大事です。
清潔感がなかったり、接客するのにあまりに個性的な服装をしていたりするのは、有利に働く可能性は限りなく低いです。
また、言葉遣いもとても重要です。
相手がどのような立場であれ、お客様とお話するという意識を持って、丁寧な話し方を心がけましょう。
敬語に自信がない場合は、インターネットでも書籍でも、ビジネスマナーについて書かれているものを参照し、すぐに練習してみることをおすすめします。
そしてその上で、気持ちの良いサービスを行うことができれば、お客様の心の中にいい接客をしてもらった、という印象を残すことができます。
もしせっかくサービスができたとしても、そもそもビジネスマナーがちゃんとできていないと、やっぱりマイナスの評価が残ってしまいかねませんので、先方がどんなタイプでもきちんと対応できるようにしっかりと準備しましょう。

Valuable information

Last update:2016/4/14

Copyright (C) business manner manual. All Rights Reserved.